三浦半島アジング後半

毎度!

さて前回の続き。
満を持して回ってきた本命ポイント。
先端には先客複数。入れそうもない。
さてどうするか。

とりあえず根本で勝負。
…とは言ったものの明かりはあるが魚影はない。
透明度が高いので底まで見える。
光が切れるあたりも探ってみるが反応はない。

本命ポイントに入れなかった今、ここに未練はない。
こいつは移動だ!

てことで半島内ではあるが一気に河岸を変えて移動。
ブンブインと安全運転で向かった場所は先客無し。
明かり有り、魚影も有りただしゲンナイ。
プルプルアタリにわいゲンナリ。

途中で愛媛勢2名、高知勢2名が訪れるも
皆さんゲンナイでゲンナリしてゲッソリでお帰りになる。

わい、粘る。
なぜならアジ見えてるからね。
数が少ない上に食い気無いけども。
足元のシーバスが狙ってるから寄ってこない。
それでも一匹/一時間くらいでたまーに釣ってると
ある時あからさまにアジの数が増えた。
しかも動きが速い。
どれくらい速いかっていうとちょー速い。
そんでワームに反応する。
追いかけてきてシーバスに食われるw
つまり何が言いたいかっていうと時合キタコレ。

明かり付近に寄ってくるのは数が少ない。が、増えている。
これはどっかに群れが入ったに違いないと踏んで探す。

見えてるのは表層。
リグは0.8g ジグヘッド単体。
ワームは2inch。

表層には姿は見えるが浮いてる数は少なめ。
中層に落とし込む。
バイトはあるが少ないしイマイチ食い込まない。
ワームを変える。
2→3.5inchへズバッと。
バイト増える、しかし食い込みは良くならない。
ジグヘッド0.8→0.6gに落とす。
1~2アクションでバイト出る。
しかも今までのモソアタリではなくコンと出る。
こうなるとイージー。

とりあえず持って帰る食材用に数確保。
あとはサイズ目掛けて棚探し。
カウント5~15は22㎝前後、20~25は一回り良いサイズも混ざる。
カウント30から下はゲンナイ。

後は時合終了までサクッと釣っていく。
ワンキャストワンバイト。
レンジに落としてテンション入れるともう食っている。
さらに元気が良くてまぁまぁ引いてくれる。
これ楽しい。

大幅に数を伸ばしてアタリが遠のいた所で納竿終了。
釣果はこれ。



なぜか抱卵個体もいくつか混ざっていたが時期ズレしてるのかな?
脂のノリも上々で美味でした。
腹が金色の奴はウマイ奴。


結果、楽しゅうございました。
釣れて良かった!

[ 2017/05/31 13:31 ] アジ | TB(0) | CM(0)

三浦半島アジング前半

毎度!

更新が滞っておりました。
エギングにはちょいちょい出かけてましたが箸にも棒にもかからず…
釣り上げたのはイカの足、ゲソだけ。
泳がせでは隣で3kgUPが上がったり数が出たりと
景気の良い話は他人事のみ。

エギングは微妙だと思い始めた梅雨入り前の貴重な土日、
こいつは行くしかねぇなと遠征を計画。
アジを食べたかったのでアジングに決定。
釣果の良い話が舞い込んできた三浦半島方面へ行く事にしました。

三浦半島といえば。
私あまり行ったことがありません。
宇和島方面から釣り回って遊子あたりまで行ってしまったことはありますが
エギングで回っていたのでちゃんとアジングしたことは皆無。
なので今回は見知らぬポイントへ行く事になります。
新規ポイント(おそらくメジャーでしょうが…)へ行くときは
心躍りますね。

よく知らないポイントへ夜行くのも不安なので
下見も兼ねて明るい内に到着します。
漁港は数多く存在しますが、海沿いに船とカセみたいなのが
直接置いてある感じで、常夜灯も突き出た堤防も少ない様子。
まぁ道端からでも釣れそうですが、
なんかこう明かりとか潮通しが良いとか溜まりになってるとか
ポイントが欲しい。

なので満たすとこを探し回りとりあえずデイで竿を出してみます。

すぐ反応がありあがってくるのは彼ら。



ベラ。
活性が高い。
出るアタリ全てこやつら。
まぁまぁ引くので楽しいですが、私はこれ食べる習慣がないので
釣っちゃ帰し釣っちゃ帰し。

そうこうしてる内に薄暗くなってきたので本命ポイントに移動。
下見のときに泳がせイカ師が先端をガメてたので
そろそろお帰りだろうと踏んで。

むーん。
逆に増えているw
さてどうしようか。




続きは次回へ。

[ 2017/05/29 13:07 ] アジ | TB(0) | CM(0)

予期せぬガシリング

毎度!

貴重な雨の間の晴れ間のサタデーナイト。
梅雨入りを考えればこの時期行ける時に行っておかないと
長いブランク入りします。

ってことで急遽出撃。
急な誘いに同行者はなくソロ。
先週と同じく宇和島方面。
アジメバむっちゃ旨かったんや…

さて着いた。
先行者は一人。
手前で準備してるとどうやらお帰りの様子。
反応が無く、別を打ってみるとの事。
確かに潮も止まり濁りもきつく良くはなさそう。
少し情報交換をさせて頂いてスタート。

うーむアタりませんな。
いや微妙にアタるんだけどもこれアジか?って微妙なアタリ。
しばらくしつこく同じレンジを流すもアタリもなくなる。

表層でメバルを引っ掛ける。



やる気のある個体は少なそう。
しばらく粘ってみるも状況は良くならず。
残念だがここは場所移動することにした。

大きく、とは言っても同じ海域だが移動してリスタート。
ここはシャローで強めの外灯がポツリとあり
メバルもアジも群れが入ってれば良い思いができるとこ。
秋は墨跡だらけ、生命感は濃いイメージ。

ただ一つ問題が。
コイツ。



セイゴが湧く所でもある。
そして湧いてる時はアジメバ釣れない。
でも活性はめっちゃ高いのでw割り切って
彼らの引きを楽しむ。
サイズも40~60㎝くらいで結構マッチョタイプ。
周りにストラクチャーもないので
アジングタックルでやるとめちゃ楽しい。
ちなみにセイゴには白っぽいワームを
スイムっぽい動きで誘うのがマイジャスティス。
アワセは即アワセ。

一匹だけ食材として確保して
あとは暗がりで食材を狙い撃ち。



良いサイズのガシラが釣れました。
煮付けめっちゃ旨い。

むぅ…アジ釣りに行ったはずなんだが…





  
[ 2017/05/15 09:31 ] その他釣物 | TB(0) | CM(0)

GOSEN Lumina Shine!

毎度!

前回の釣行で気付いた。
いや、もっと前から気付いてはいた。
気付かないフリをしてただけかもしれない。
まだイケる、大丈夫。そう思い聞かせていただけかもしれない。


…ジグ単用ラインが残り少ない。


ちょっと深場で潮効いてるとこで底取ると
スプールスッケスケになるくらいまで減っちゃってた。
これは良い感じの何かがかかりドラグ出されると
即座にらいんあうとなレベル。
前回型の良いいメバルがいたなら持ってかれてたかもしれない。
まぁそんなメバルがいるならPEタックルに持ち替えますがw

そんなワケで、ラインを巻き替えました。
実は新発売時点で購入していた
GOSENの 「LuminaShine!」
釣具屋で見かけてキャッチコピーと価格に釣られて。




~月の光を得て、輝き続ける~

そして

~輝く鯵糸で獲物を狙う~

ですよ!
厨二心をくすぐるやん!

まぁそれはそうとして
結構新製品は試すタイプなので次巻き替えようと買っといたわけですよ。
んで良いタイミングなので今回決行。





200m巻であのお値段はお得。
あとは好みの感じだったらいいのだけど。
他の方インプレも悪くないみたいだし期待しています。

ちょっと失敗したなってのは
わいの好きなピンクが後から出てきたってのと
200m巻ききっちゃった事。

ピンクの0.25号の半分巻にすればよかった!







[ 2017/05/12 15:02 ] タックル・道具 | TB(0) | CM(0)

G.W.アジング

毎度!

さてさてG.W.。
前回のエギングに続いて今回はアジングに。

ある晴れた日のお昼。
イカは冷凍庫に余裕がなくなってる&アジが食いたいって事で
アジングしに行く事に決めた。

愉快な仲間達に声を掛けるも予定が合わないらしい。
まぁ当然だ。人には都合ってもんがある。
だもんでソロで行く事にした。

一人なので辺鄙なとこには行きたくない。
高知のシーズンは終わっている。
佐田岬まで行っても良いなと思ったが遠いので帰りがしんどい。
ということで安定の宇和海へ。

スイスイで車を走らせマズメに到着。
北西の風が強めに吹いている。
北側はまるでダメ。しばらく他のポイントを見て回る。
この風向きならあそこに入りたい。決め打ちで向かう。

前を行く初めて来ました!みたいな運転の車に
(若いにーちゃん達&釣り竿見えた)
わいが行くポイントに入るんじゃねーぞと念じながら到着。
先客は一人、でももう帰るらしい。
なので先端外灯下に入らせてもらいれっつアジング。

1.0gのジグヘッドでカウント5ずつ刻んで探す。
結構潮が効いてて少しやりづらい。特に深いとこ。
なので1.5gまで重くしてボトム周辺をネチネチと。

巻き上げてくる途中でズゴッとバイト。
ガシラかなと抜いて見ると



ありゃ赤の子メバルやん。
ちょっと小さすぎるのでお帰り頂く。
メバルもサイズがあれば引くし美味しいしで狙いたいが
目下の目標はアジ。アジが食いたい。刺身で。

引き続き探すがアタリが薄い。
ボトムのあたりでショートバイトがあるが
アジング久々なので自分でもわかるくらい反応が遅くw掛けれない!
鈍っておる。

掛けれないアタリは確かにある。
普段はワームのサイズを変えたりして対応するが
今回のは腕前の問題かもしれないのでw集中して臨む。
モゾッとした違和感にとりあえずフッキング。
反応できる最速のスピードでw

小気味良い引きで本日初アジ。



さて連発させるかと意気込むもアタリは散発的。
群れの数が少ないのか溜まってる状況ではないのか
レンジも場所も特定しにくい。
これいわゆる「シブい」ですね。

なんだかんだ表層探してる時にメバルもGET。
小さいのはできるだけお帰り頂いたが
エラにかかったりしたのは頂きます。

なんとかかんとか探し回り食べる分は確保して
一人なので眠くなる前に早めの撤収。
安全マージンは余分にとるべし。

今回の釣果はこれ。
数もサイズも出ませんでしたが
個人的に楽しかったので良し。



煮付けと刺身で頂きましたが
脂のノリがヤバかった。
ここの海のアジの味は本当に美味しい。
メバルも久々に食ったがこちらも目を張る美味さ。

おあとがよろしいようで。




    

[ 2017/05/10 09:25 ] アジ | TB(0) | CM(0)

G.W.エギング

毎度!

G.W.は天気も良く絶好の釣り日和。
でもまぁ家族サービスってのもちっとはしないと…
って事で前半はサービスDay。
旅行に行っておりました。
帰りに海に寄ろうと目論んだものの拒否をされ
竿を出さずに帰宅。
普段行かない海域で釣ってみたいって気持ちは理解されないようだ。

さて、帰ってきたので海に行こうと思い立つ。
旅行疲れ運転疲れもあるし遠出はやめて
いつもの海に夕マズメでGO。

向かってる最中にたまには違うポイント行ってみようと思いつき
海岸沿いを探し回る。
が、うまいこと入れそうなとこがなく
結局いつものポイントが見える反対側?へ。
これは違うポイントと行っていいのかw

こっちの波止はあまり来ないんだが結構墨跡がある。(実は知ってた)
秋はイマイチだったようだが
わいが反対側で苦戦しだした頃から墨跡付いてたから
こっち側に寄ってたんだろうと思う。

まぁやってみようと一投目。
浅い底を取って軽くパンパンとシャクってフリーで落としウェイト。
するといきなりラインが走りましてのヒット。
やる気ある奴がいる時は一発で反応あるよね。

んでコレ



色も真っ黒ヤる気マンマンナイスイカ。
これくらいがちょうど食べやすく美味しいと思う。

その後30分程何もなく
暗くなってきたあたりで
突如持って行かれるライン。
慌てて合わせて藻ごと引っこ抜く。
写真は撮り忘れたがほぼ同サイズ。

家族で小物釣りに来てた小さい子達にドヤ顔で見せびらかし
絞める瞬間を見せてやる。
子供達の尊敬の眼差しが突き刺さるぜふふ。
実際はそんな眼差しはなかったんですけどね。

まぁそこから真っ暗になって無反応になったので
満足納竿して帰りましたとさ。




 




[ 2017/05/08 09:22 ] イカ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

GAIA0323

Author:GAIA0323
2012年に関東からUターン
高知県高知市を拠点に仕事の合間や出張ついでにルアーを振り回す!

主に陸からのライトソルトゲームを楽しんでいます
ゲーム・漫画・アウトドアが趣味。

検索フォーム
来場カウント
楽天
Ranking
Click Please!!


スポーツ - フィッシング