FC2ブログ

グリップさんありがとう

毎度!

ワイの愛用しておる
第一精工の「ガーグリップMCカスタム」

非常に使いやすくて魚を釣りに行く時は
いつもどこかにぶら下げている。

カラビナも付いていて
ブランブラン言いながらついてくるとてもカワイイやつ。




そんな彼が…







無残な姿に!


なんか腰からぶら下げててー
階段の手すり?みたいなトコに当たったんすよー
そしたらブランって落ちたからー
引っ掛けて落としたのかな?って見て見たら
ケース割れてんすよwウケるっすよねww

みたいな。
まぁブログ見直したら15年の12月に既に持ってたから2年半。
大事に使った分、元は取ったな。
調べてみると結構同じ割れ方してる人もいるみたいで
今まで割れなかったのは逆にラッキーだったのかもしれない。

まぁケース割れただけなので
補修するかケース無しの運用も考えてみたいと思いますが、
とりあえず

グリップさんありがとう!



ということで一応新しいのポチりました。








[ 2018/05/31 11:07 ] タックル・道具 | TB(0) | CM(0)

浦戸一周 高知アジング

毎度!

さてさてエギングを久々に堪能した後日。
遠出をしようかと思ったけどちょっとお疲れ。
これはソロのロングドライブは危険だと判断して
近所で新規ポイントが無いか調べてみる事に。

というのも港湾部は結構状況が変わる事が多いので
灯りだったり船や障害物の増減が突如やってくる。
今まで見向きもしなかった所が絶好のポイントになってたり。
今まで本命だったポイントが全く釣れなくなったり。
情報が入ってくる事もあるけどたまには自分で確認しとかないとね。

という事で目星を付けてる漁港や常夜灯周りをcheck it now!

西側からスタートして常夜灯廻りをメインに見ていく。
一応竿も用意してちょいちょい叩きながら。
基本常夜灯周りにはベイトが溜まっており
外側の潮通しの良さそうなトコではボイルがたまに見える。
が、基本シーバス。
ボトム付近ではキビレ。
たまに聞こえるアカメの捕食音。

知ってる限りのポイントを回り回ってみたけど
どこも感触は良くなかった。
おそらく回ってくる時合があるんだろうけど
そのタイミングには出会わなかった感じ。

唯一反応があったトコでちょい粘り。



こんなんも釣れ。
多分モンツキかな。


アジはいわゆるフォールパティーンでタテの釣り。
フリーフォールで食ってました系のアタリが多く、
アワセるにはテンションかかるかかかんないかくらいの
微妙な操作を要求され。
しかもジグ単では届かないトコにいるもんだから
キャロでそれをやるハメに…
サビいてズゴン!がキャロでは楽。
フワフワモゾッ系はニガテ。
多分これはムズいやーつ。

幸い結構数がいたのかヤル気があったのか
バイトはそこそこ出せた。



なんとか結果はこんくらい。

総括は。
浦戸で大事なのはジアイ。







      

      
[ 2018/05/29 10:09 ] アジ | TB(0) | CM(0)

気合の大月エギング

毎度!

急遽大月町へ行かなければならなくなってしまった。
当然釣りして帰りたいが平日ど真ん中な上、天候が悪い。
悩んだちょうど夕マズメから雨は収まるらしいので
天候はカッパ着て我慢できるくらいだろう。
平日ど真ん中、帰りの所要時間は夜だと2.5時間ちょいか?
うーん22時前には帰らないとイカんねぇ。

って事でとりあえず出発。
早速行きの高知道で須崎西~土佐の夜間通行止めが予告。
さらに中村宿毛道路も夜間通行止め。
よって帰宅開始は21:00に修正する。
開始は17~18:00頃、
そんな長時間できないので
ポイントは行きやすい所で移動はナシスタイルに決定。
なんとか気合で釣る。

結局開始は17:30頃。
来た事ないけどメジャーな漁港にしてみた。
選定理由は行きやすくて風の影響が少なさそうってトコ。
天気が悪いせいか人気は無し。
足元には小イカの群れ。



やはりこっちまで来ると烏賊影が濃い。
高知だと最近はこんな群れはあまり見ないもんね。

一応お土産確保したくて誘ってみたけど寄ってすらこないw
という事で無視してフルキャスト&ボトムへ。
外向き。内向き。船道。
三方向投げれる所に座を構えたが、底の様子がわからないので
とりあえずポイントの絞りやすそうな船道周りをネチネチと。

ボトム取って3シャクリの後のフォール×二回目で
竿には出ないがスーッと持っていかれるライン。
なかなか気持ちいいパターン。
ドスンとアワセてゴリゴリ寄せる。



820g。
ぴょんぴょんサーチで初めてまともに釣れたw
初心者でもわかるアタリ!ではなかったので
多分もうちょいテンションかけてないとダメな気がする。
というか使い方が違った気がする。


一つ釣って余裕が出たので
珍しく餌木をちょいちょい変えながらやってみる。

しばらく何も無かったが
足元深いトコ回収前のラストフォールで
不自然に止まるライン。
着底には程遠いタイミングだったので
ズバッとアワセてみたらばズドン。



650g。
大きさの割に良く引いた。
そして油断してて墨を喰らいました。
カッパ着ててヨカッタ。


二つ釣れてくれたものの
予報と違い雨は激しく降ったり止んだりで
肝心のアタリもなくその後はパッタリ。

定刻にはスパッと納竿して帰宅しましたとさ。
サイズはまたしてもキロアップならずだけども
久々に釣れたから楽しかった!

大月町は遠いのでなかなか行く機会も無く
ポイントもそんなに知らないので
次も行った事ないとこに入ってみようかね。








      

      

イカウンター 33+02=35

[ 2018/05/25 11:16 ] イカ | TB(0) | CM(0)

ちょこっと調査 土佐アジング

毎度!

今夜は出るぞと早めに飯を済ませ
向かった先は市内の岸壁。

しばらく空いたけどまだアジいるかなっと。

一応他ブログ等見てると朝夕はボチボチ釣れてるみたいなので
居たら釣れるやろと車を走らす。

着いて一番に見るのは海の様子。
こないだまで雨降ったりなんだりでゴミや濁りがひどかった。
そろそろキレイになっとるやろと覗き込むと
ここ一月で一番澄んでおる。
水面直下にベイトの群れも見えてやっと戻ってきたみたい。

今日は期待できるかとセットしたのはキャロタックル。
一応広く探って様子見を。

昼間強かった風も弱まっていたし
ロストが続きキャロの在庫バランスが悪かったので
今日はN4.6g+0.8gに、珍しく34のメデューサあからめ。
少し飛距離に不満があるがまぁええだろ。

とレンジ変えながらキャストする事数投でファーストバイト。
ノセれなかったが一応おるなとニヤニヤする。
似たようなコースを通してフォールでヒット。



ええ感じ。

続けていくかとワンモアトライ。
同じレンジだが少し離れた明暗の境でもひとつゲット。

これで目標は達成。
あとはどこまで伸ばせるか。
五つくらいはイケるかなと投げ続けるも
こっからパタッとアタリがなくなる。
探り探りでレンジも投げる場所もアクションも変えてみるがダメっ…

もう帰ろうかと思う頃に久々のアタリ。
モノにできずっ…
帰り間際のアタリは厄介。
帰るタイミングを逸するw
こーゆーときはケジメが肝心。
同じトコ数回通してアタリが出ないことを確認して納竿。



なかなかシブい。
まぁ気分転換には良い釣りができました☆







      

      
[ 2018/05/23 10:53 ] アジ | TB(0) | CM(0)

ついでメバリング

毎度!

先日ちょっとした仕事があり
徳島に行ってきました。

徳島道が!
夜間工事中で徳島~脇町まで夜間通行止めになるとの表示が出ていましたが
当然夕方に予定が終わりますので釣りに行くに決まっておる。
帰りは…まぁ終わってから考えよう。

ということで前回のリベンジを果たすべく
小鳴門筋からスタート。
激しい雨予報が出てましたのでなんとかそれまでに釣らないと…

前回ウロウロしましたのでポイントには結構アタリを付けられます。
人が一番多かった所はやはり釣れるんだろうという事である漁港へ。

今回も数人先に入っておりますなぁ。
外向きテトラ帯が空いてたのでさりげにin。
しかし。風がスバラシイ勢いで右から左。
クソ早い潮流と併せ、とてもじゃないけどできません。
かといって内向きは満員なので即移動。

ちょっと風が強すぎるので結構内側まで戻ったポイントに入ります。

ここは比較的オープンなエリアで風もさほど吹いてはおりませんが
潮が激流。
前回はこの激流での釣り方がわからず四苦八苦しましたが
少し試したい事があったのであえてのチャレンジ。

とりあえずフロートリグを激流に乗せて流し込んでいきます。
ある程度ラインは出ていきますが
押えながらコントロールすると激流の本流から弾きだされる所がある。
そこでステイ。
そうすると良い感じに浮いた状態でヨレに留まり
かつ潮がアクションを付けてくれます。
おそらく放置するだけで釣れるってのはこの事かと。

しばらく色々探っているとズゴンとアタる。
シーバスかメバルかわからないけど結構なショートバイトでノセれない。
何回かやって数少ないアタリからフッキング成功。
潮下から巻いてくるので重みはあるけどメバルっぽいヒキ。
そんな良いサイズじゃないか?と巻いてると
流れてきたゴミを巻き込んだようで途端に重くなる。
とりあえずゴリ巻じゃーい!と巻き続けるとなぜか軽くなる竿先。

oh…バレた…

と同時に降り注ぐ雨。
予報より少し早い。
ちょっとコレは厳しいと雨から逃げる為に大幅にポイント移動。

良サイズは諦め、数年前に楽しんだ小メバポイントへ向かう。
こちらは予報だとしばらく雨から逃げられるはず。
でもなぜか着いた瞬間から結構な雨に降られる。

せっかくここまで来たんだから少しは上げたい。
これから雨は止まない予報。
しゃーないカッパ着てやるか…
とカッパ着こんでジグ単タックル持って常夜灯下へ。

とりあえず坊主は逃れたいので岸壁際の明暗を探ると
チビメバゲッツ。

沖の流れの中から20㎝と23㎝ゲッツ。
合間に足元探って15㎝が数匹。
ちなみにこの間結構な勢いで雨が降っております。
なので写真が無い。

ひとしきり堪能した頃
雷が光り始めたので撤退。
もうビッチョビチョですよ。

今年も尺メバルには出会えず終わりそうですなw







      

      

[ 2018/05/21 17:41 ] その他釣物 | TB(0) | CM(0)

久々に宇和島○○ング

毎度!

ちょっと時間が取れる日があったので
久々に遠出をしようという事で
宇和島方面にドライブ&フィッシング。

前回行ったポイント一本で数時間竿を振ろうかとの目論み。
釣れたらいいなーと車を走らす。

現地に夕マズメ頃到着。
水は満水から下げていく所。
ポイントには先客。珍しい。
仕方ないので反対方向へまわりレッツフィッシング。

でもなかなかアタリが出ない。
小メバルが湧いていて表層はダメ。
かといって中~下も反応が得られない。

コイツはなかなか苦戦しそうだと広範囲に探っていく事にした。
結構水深もあるのでキャロタックルに持ち替え
潮の払い出す方向へ投げ
ボトムタッチでちょいスイム。
でもどうせアタんないんだろうなーと思いながら
気を抜いてアクション入れてるとモゾッ…からのドーン。
何の魚かわからないけど結構走りやがる。
シーバスがボトムで食わないだろうしメバルみたいに潜らないし
青物系か鯛系か?と予想しながらファイトする。
途中でドラグ緩いのかと思って確認するもそんな事もないので
サイズはまぁまぁ良さげ。

寄せてびっくりアジでしたw



しかも泣き尺wこりゃ引くわ。
このサイズ釣れると全く思ってなかったので驚いた。

ただコレはマグレだったらしく
ここからはガシラ連発タイム。
ボトムを取ると一投一匹でガシラが掛かり続ける。
あっという間に二桁行くも
食えそうなサイズは一つだけ。



掛かりどころが悪かったメバルさんもご一緒にお持ち帰りで
釣果としては貧果となりましたが
サイズも出たしそこそこ楽しめたので良しとします。
また行こう。







      

      
[ 2018/05/18 11:34 ] アジ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

GAIA0323

Author:GAIA0323
2012年に関東からUターン
高知県高知市を拠点に仕事の合間や出張ついでにルアーを振り回す!

主に陸からのライトソルトゲームを楽しんでいます
ゲーム・漫画・アウトドアが趣味。

検索フォーム
来場カウント
楽天
Ranking
Click Please!!


スポーツ - フィッシング